女性がマッチングアプリで付き合うまで注意したいこと

私ゾンネットのささやかなモテ期は、大学から20代前半まででした。その後、25歳あたりからは数年間仕事に没頭し、気づけば30前。いつの間にか周りの女子たちは次々と結婚していて、アラサー独身の私は徐々に友人たちの中で浮き始めました。

 

あわてて「マッチングアプリ」を始めてみたものの、コツをつかむまでとにかく失敗しまくり。モテないし、出会えないし、金ヅルにされそうになるしで、散々でした。そんな私の経験をもとに、「マッチングアプリで私がやらかした失敗と、付き合うまで心がけなきゃいけないことまとめ」をお届けしたいと思います。

 

◆大学でも合コンでもモテていた私がマッチングアプリの世界に足を踏み入れた理由

20代後半の非モテ時代は、私にとって「魔の期間」とも呼べるものでした。

 

大学から20代前半までは、彼氏が途切れることはほぼなかったし、合コンに参加してもそこそこの成果は得てきたんです。

ところが20代半ば、長年の彼氏と別れたのをきっかけに仕事に没頭。そしたら面白くて。徹夜して、会社に泊まって、終わったら同僚とアホほど飲んで……毎月その繰り返しで、気づくと30歳を目前にして独り身。

周囲の女子たちはその間にみんな結婚していたというのに。

 

このままじゃヤバいぞと思い、友人の紹介から合コンから何から、とにかく異性に出会えそうなルートを総動員。でもね、20代後半で恋活を再開してガク然としました。出会いの質が、下がってる!?

 

年齢によるものが大きいと思うんですが、たとえば合コンに行っても、変に遊び慣れた人や既婚者の率が高くて。こっちのことを「焦っているアラサー、押したらヤレそう」という目で見ている感じがプンプンなんです。

こんなにハズレが多いんじゃ効率悪すぎです。友人に紹介してもらう人たちも、なんだかクセの強い男子ばかりだし……早く彼氏を作るには、活動方法を変えなきゃいけないなと思いました。

 

そんな時、「マッチングアプリで彼氏ができた」という同僚の話を聞きました。しかも写真で見せてもらったお相手は、なかなかの好青年。マッチングアプリにあんなイケメンいるんだ! と、私もその場でプロフィール登録しました。

 

◆マッチングアプリの世界は想像とは全然違う所だった

アラサー独り身から脱出しようとマッチングアプリを始めた私。

「最初から条件で絞れるなんて最高じゃん! これで効率よく活動して彼氏見つけて、さっさと退会しようっと♪」となぜか自信満々でした。だけど……結果は散々。彼氏どころか、デートにこぎつける気配もありません。

 

登録したての頃は、女性がプロフィールに写真を載せるだけで、メッセージがひっきりなしに届く傾向にあるんですよね。でも私はそんな法則も知らず「マッチングアプリなら、私まだまだモテるじゃん」と勘違い。

メッセージをたくさんもらって良い気分になっていたんですが、返信すると……

「すぐに会いたがる遊び目的男」
「気持ち悪い粘着男」
「botなのかと思うような質問男」
「業者」
「サクラ」……

ダメ男にばっかりやないかい!

 

◆マッチングアプリで付き合うまで私がやらかした失敗の数々

適当な写真とメッセージでやり取りしてたら全然デートにつながらない

「出会ってから駆け引きの始まる合コン」と「出会う前から駆け引きの始まっているマッチングアプリ」では、戦略がまったく異なります。そんな当たり前のことを意識できていなかった私は、次のような失敗を繰り返しまくりました。

 

学生から20代前半までの恋愛経験では「明るくてよく飲む、ノリのいい子で楽しいから」と言ってデートに誘ってくれる殿方が多かったので、マッチングアプリでも同じ戦法で軽やかなキャラづくりをしていたんです。

こんな感じで。

 

はじめまして。ゾンネットさんは読書がお好きなんですね。僕も〇〇や××なんかを結構読むので、気が合いそうだと思ってメッセージしてみました。

ゾンネット

いいねーとりあえず飲もー♪

 

この彼から返信が来ることはありませんでした。まだ会ったこともない女からこんな返信が来たら、普通引きますよね。

きっと「友達じゃないんだから!」「失礼なヤツ!」などと思われたことでしょう。

自分としては「明るくてノリの良い女」として距離を縮めようとしたつもりが、ただの「頭が悪い失礼な女」になってしまいました。相手のことを考えず、自分のことを客観視できていなかった証拠です。

 

また当初「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」方式で動いていた私は、長文を打つのが面倒だからと「LINEと同じようなひとこと返信」や「コピペ」ばかりしていました。そんな私と真剣に会いたいと思ってくれる男性など現れるはずもなく、数往復で終了するやりとりばかりを大量に繰り返していました。ああ、時間の無駄!

 

もう1つの大きな失敗は、「プロフィール写真」です。キメキメの自撮りをアップするのが恥ずかしいからと、適当な飲み会の写真をトリミングしたものを使っていました。

「マッチングアプリ使ってるんだけど、全然うまくいかなくて」と友人たちに相談してみたら、

 

「お前写真変えろ、やる気あんのか」

「テーブルの灰皿うつってるし、顔赤いし、誰がこんな女とデートしたがるんだよボケナス」

 

などとご助言をいただいてしまいました。これでは、会う前からスルーされてしまうわけです。

 

やっとデートにつながったら焦り過ぎてデートで失敗

写真もメッセージもクソだった私ですが、それでもある男性と、なんとかデートにこぎつけることができました。たまたま、プロフィールに書いていたマイナーな趣味が引きになったみたいです。

 

写真の印象は「少し地味な男」でしたが、実際に会ってみたら星野源みたいな“雰囲気イケメン”。背も高くて私の好みにドンピシャだったんです。

 

ほぼ一目ぼれで「絶対この人を落とす!」モードになってしまった私。結果から言うと、焦りすぎて失敗してしまいました。

初回はカフェで会うだけのつもりだったのにその後お酒に誘い、盛り上がってついつい、その帰りに自分から手まで繋いでしまいました。当日は楽しく会話できたと思ったのですが……その後2回目のお誘いはありませんでした。そりゃそうですよね、我ながら初対面から軽すぎました。

 

ダメ男にまでひっかかってずるずる会っちゃう(ヤリモクのチャラ男、メシモクの貧乏年下イケメン)

マッチングアプリでやっと出会えた好みドンピシャの男性を逃した私は、ますます焦ります。たまたまその人が「会ってみたら写真よりも素敵だった」ので、それ以降も、ちょっと見た目が好みじゃなかったり、メッセージのやり取りで「ん?」と思う所があったりしても、よほどヘンでなければ会うようにしたんです。

 

そうやって「会う」ハードルを下げた結果……連続でだめんずを引いてしまいました。

 

1人目は、ナルシストなチャラ男。顔はまあきれいだったんですが、初回から「ヤリたいオーラ」丸出しの、いわゆるヤリモク男だったんですよね。

でも、すぐには見抜けなかった。もう1人は、背が低くてかわいい年下メシモク男子。

「お肉食べたいですね!」×「ぼく社会人1年目で全然お金なくて」

の合わせ技でまんまと食事をオゴらされました。

 

その時の私は「第一印象でピンと来なくても、最低3回は会おう。もしかしたら好きになるかもしれないし!」という謎の考えを持っていました。どちらとも3回以上会って、好きになるどころか絶対無理だと気づいたのですが……それまでずるずるデートしていた時間、本当にもったいなかったです。もっとさっさと切るべきでした。

 

◆マッチングアプリで付き合うまで心がけるべきこと

自分の年齢や目的に合ったアプリを選ぶ

まずマッチングアプリを何のために使うのか、目的をはっきりさせましょう。「え、彼氏を作る一択じゃないの?」と思ったあなた、危ないですよ。

 

マッチングアプリを使う目的は人それぞれ。恋人が欲しい、結婚相手を探したい、という人ももちろんいますが、単にデートを楽しみたい、ちやほやされたい、異性の友達が欲しい、欲求不満を解消したい……そんな人だって男女ともに沢山います。

自分のスタンスがしっかりしていないと、遊び目的やお金目的の男性に流されて、都合よく扱われてしまうことにもなりかねません。

 

あとはどのアプリを使うか、選び方も重要。マッチングアプリなら何でもいいわけではありません。

年齢や利用目的に合ったものをきちんと厳選して登録しましょう。彼氏を探すために使うなら、

「男性も恋活/婚活目的で使っているアプリか(“ヤレるアプリ”扱いされていないか)」

「既婚者率は高くないか」

を事前にリサーチしてくださいね。

 

質の高い「写真」と丁寧な「メッセージ」が大事→マッチング率を上げる

先ほども述べた通り、合コンなどと違って出会う前から駆け引きの始まっているマッチングアプリでは、写真とメッセージがとにかく重要。まったく勝手が違います。

 

「人間は中身が大事」と言っても、写真が悪いとプロフィールを読んでさえもらえません。あなたをすでに知っている人と繋がるSNSなら、どんな写真を使ってもいいでしょう。

ですがマッチングアプリに関しては、「笑顔できちんとかわいい、質の高い写真」で目に留まるようにしましょう。盛り盛りに加工する必要はありませんが、清潔感と明るさは最低でもキープを。

もし状況が許すなら、写真は男性と女性の両方から意見をもらって選ぶことをおすすめします。

 

また、いいなと思う男性から「メッセージ」が来たら、急ぐ必要はありませんので丁寧に返事をしましょう。

お互いに会ったことがない相手ですから、相手の状況を汲み取ることは困難です。あなたが忙しい仕事の合間に慌てて返した内容で、男性は“会話が成立しない、僕とは合わない女性”だと感じてしまうかもしれないのです。

 

ダメ男だと感じたらすぐ切って次を探す→時間の無駄をなくす

マッチングアプリでメッセージのやり取り中、または実際に出会ってから、「この人なんかおかしいぞ」「ダメ男っぽいぞ」と思ったら……すぐにバッサリ切りましょう。

思い違いかもしれないとか、すぐに断ると角が立つとか、そんなことを考える必要はまったくありません。ダメ男のために、あなたの貴重な時間を費やすのはやめましょうね。

 

何らかの理由でバッサリ切るかもしれないことを考えると、マッチングアプリで知り合った人へは、個人情報を最初から出し過ぎないのが正解。

相手に渡すのは最低限の連絡先(できればマッチングアプリ専用に取得)のみにして、住んでいる場所、勤務先、電話番号などは、何度も会って付き合う可能性が出てきてからにした方が賢明です。

 

駆け引きなんかより自分磨きに時間を割く→デートの成功率を上げる

いいなと思う人に出会うと、確実に付き合いたいと思うあまり、ついつい「駆け引き」に走りたくなることがありませんか?

例えば相手を焦らすために、メッセージの返信タイミングをランダムにしたり、会う期間をあえて少し空けてみたり……確かにそれらが有効な場合もあるでしょう。でも、万人に当てはまるとは限りませんよね。裏目に出てしまうことだってあるはずです。

 

そんなことに知恵と労力を費やすよりも、デートの成功率を上げるなら、もっと「自分磨き」に時間を使いませんか?

 

大人になるとある程度自分のスタイルが決まってくるので、「いつもの自分で、ちょっと気合いを入れた」という程度の装いでも、自信を持ってデートに臨むことができるでしょう。

ですが、本当はもっときれいになれるはずなんです。例えば

「プロに教わりメイクをアップデート」

「服、髪型、ネイルを一新する」

「高級パックを連日使って肌を磨く」

といった行動は、確実にあなたの魅力をアップさせます。もう一度言います、100%確実にです。

 

おすすめのマッチングアプリ

最後に私が信頼できると感じるアプリを紹介します。

まず複数登録してみて、自分にあったものに絞っていくのが良いです。

 

ゼクシィ恋結び

私の知り合い2人が、立て続けにこれで結婚しました。人数こそ少なめなものの、ゼクシィブランドのためなのか、真面目かつ真剣な人が多く生息している気がします。「草食系男子を狙いたい」または「遊び目的の男にはうんざり」という人に向いています。また、20代男子率が高いのも特徴です。

ゼクシィ恋結に登録

 

with(ウィズ)

メンタリストDaiGo監修という変わり種アプリです。心理学や統計学的観点から相性の良い相手を探せるので、自分の目が信用できない、だめんず経験ありの人には特に向いています。診断系コンテンツで恋活の作戦を立てられるのもポイント高し。そうそう、アプリ使用中にはDaiGoからのアドバイスも届きますよ。

with(ウィズ)に登録

 

Pairs(ペアーズ )

登録者数がダントツで多いペアーズは、年収などの条件検索だけでなく、価値観やフィーリングで相手を探せるのがポイント。この仕組みをうまく使うと、初対面でも話題に困らなかったりリラックスできたりと、楽しく活動できるんです。婚活目的と恋活目的が混在しているので、見極めも大切です。

Pairs(ペアーズ )に登録

 

まとめ

マッチングアプリは、ちゃんと使いこなせるかどうかで、効率よく素敵な出会いの場になるか、単なる時間の無駄になるかが変わってきます。

合コンやその他の出会いとは違った、マッチングアプリ独特の使い方と戦略を身に着けて、良い出会いに結び付けてくださいね。